アメリカの天気と気候、そして服装を知る

アメリカはとても広い国土を持つために、その気候は一概には言えません。

アメリカの北部はカナダの国境に面しており、緯度も日本の北海道よりも北に位置します。そのために寒さが厳しいことが容易に予測できるでしょう。

しかし、北部でも西側に位置するシアトルなどではそれほど厳しい冷え込みなどにはならず寒いながらも安定しています。反対に北部の東側に位置するニューヨークなどでは夏は暑く、冬は寒さが厳しいです。

特に五大湖に近くなる内陸部に近づくほど、厳しさは増します。またアメリカでよく問題になるハリケーンなどの発生率も高くなるのです。

アメリカ中部で海岸に面していない場所は、暑さが厳しく、日中な40度を超える場合もあります。冬場は過ごしやすいですが、朝晩の寒暖差が激しいので、生活をする時に服装に注意する必要がありますね。

南部の西側になると、比較的雨も少なく、年間を通して過ごしやすい気候になります。南部の東側に位置するアトランタなどでは日本のようにはっきりとした四季があり、日本人にとっては過ごしやすい気候になるでしょう。

そして一番南に位置するフロリダは冬は暖かく過ごしやすいです。

また夏は雨季があるために降水量が多く、旅行の場合には計画が雨に左右されてしまうこともあります。

このように見てみるとアメリカには大きく5つに分かれた気候があるといいます。それぞれの場所で生活に気を付けることが異なってくるので、事前の情報収集が大切ですね。