プロテスタント信仰の熱い街

キリスト教と言ってもアメリカでは大きく分けて2種類あります。プロテスタントとカトリックです。プロテスタントは偶像崇拝を禁止しているので、十字架だけのシンプルな教会です。カトリックはマリア像などがあります。アメリカ人の多くはプロテスタント信仰です。もし、あなたがプロテスタント信仰の熱い街へ行くとどうなるかご説明致します。

まずは、あなたがキリスト教徒なのか質問されます。もしそこで「NO」と答えても危害は与えて来ないので安心して下さい。しかし質問攻めにあうので、ご注意下さい。例えば「天国は信じていますか?」とか「あなたにとって神はどのような存在ですか?」など宗教絡みの質問を何度も投げかけてきます。何故なら、彼らの神はキリストであり、死ぬ前までにキリスト教を信仰すれば天国へ行けると考えています。だから1人でも多くの人が天国へ行けるようキリスト教に改心させたいのです。彼らに悪気はないのですが、日本人の私たちから見ると「面倒臭いな」とか「洗脳しようとしてるのかな」なんて思ってしまいます。

そして日曜日の朝は教会に行くため、ほとんどのお店が閉まっています。スーパーマーケットですら閉まっていることがあるのでびっくりです。さらに日曜日の飲酒がダメなので、バーなども終日お休みのところがあるので、ご注意下さい。