知らないと始まらない!アメリカの家賃相場を把握

アメリカ生活に憧れる人も多いですが、実際に生活をするときには賃貸等のアパートを借りなければならなくなります。アメリカのパート事情については、家賃の中に冷蔵庫やレンジ等の生活に必要となる家電製品の他、冷暖房などの設備も全て含まれているケースが多く、引越しをするのは比較的容易です。

しかし、借りる際に特に問題となってくるものとして家賃相場があります。アメリカのアパート家賃相場については、1ベッドのところでも1,000ドル〜3,000ドルほどするのが一般的となっています。日本の二、三倍程の賃料がかかりますので、長くアパートを借りて暮らす方はそれなりの収入が必要となります。憧れの生活をはじめる前に、まず現実的なアパート代金なども考えて、引越しや移住を考える用にすることが大切です。

ただ、主要都市の中でも場所を選べば非常に低価格のアパートなどもありますし、アパートをシェアして利用するという方法もあります。ニューヨークなどの人口が多く人気の都市は家賃が日本円で三十万円前後する所が多いですが、ヒューストンなどの一部の都市では十万円を切る家賃相場の所も存在します。家賃を気にされるなら、住む場所を変えるのもよい方法です。

また、友人がいる方はアパートをルームシェアして利用すれば、経済的な負担も少なくなるのでそちらもオススメとなります。海外から留学してアメリカに在住する学生さんに、そのようなルームシェアをして住んでいる人もいます。住む場所や住み方を工夫して行きましょう。