アメリカの銀行口座の種類と開設方法

アメリカで生活をするにあたっては銀行口座の開設は不可欠なものとなります。それは、国としての特徴としてキャッシュレスがあり、買物や支払いにおいてはカードや小切手が多く用いられているからです。

アメリカの銀行口座の種類としては大きく分けて2つがあり、それは、当座貯金タイプと普通貯金タイプとなります。当座貯金タイプはアメリカでは最も一般的に利用されているタイプとなり、基本的には無利息となります。銀行振込が日本と違い普及していないために、そのほとんどは小切手で支払われることが多く、通常は開設をすることによって小切手の冊子が指定した郵送先住所に送られることになっています。

支払い等で受取人は小切手を銀行に持参をすることによって現金化をすることができ、または自分の口座に振り込み手続きをすることによって、小切手発行者から自動的に引落しがされ支払われることになります。他にはデビットカードでの使用もあり、この場合においては日本と同様に支払いでカードを差し出すことで、引落しがされることになっています。

もう1つの普通タイプでは利息が付くようになっており、日本での定期預金のシステムに近く、出入金に関してはいつでも行うことができるようになっています。但し、注意をしなければならないのがミニマムと呼ばれる金額設定で、ここでは残金がこの金額を下回った場合にはペナルティーとしてチャージ料がかかる仕組みとなるため、開設においてはミニマムの金額を必ず確認することが必要となります。

開設をするには金融機関によっても違いがありますが、身分証明書や保持しているクレジットカード、口座に入金するための現金やトラベラーズチェック等が必要となり、必ず確認をして事前に準備をしてから申込をすることが大切になります。